ネズミ駆除と予防|侵入経路のチェックと罠の設置

困る男女

害虫が湧く原因

作業員

害虫駆除と同時に考えるべきことは、害虫が湧いた原因です。家の中が不潔であったり、家の外に枯れ葉があったり芝生が伸び放題の場合、害虫が住み着きやすい環境になっています。

もっと読む

蜂の生態

ハチ

蜂の中には、危険な種類とそうでない種類があります。基本的にミツバチなどのおとなしい蜂は、巣や蜂を攻撃しなければ危険性はありません。そのため、退治前によく確かめてみましょう。

もっと読む

侵入場所を探す

鼠

ネズミは、一度住み着いてしまうとなかなか追い出すのが難しくなります。買い置きのインスタントラーメンをかじられる程度ならまだしも、家の壁や柱をかじられたり、テレビのコンセントやガスコンロのゴム管をかじられたら生活にも悪影響が及ぼされます。そのため、被害が拡大する前にネズミ駆除を行いましょう。ネズミ駆除の方法は、殺鼠剤や捕獲用罠を用いて文字通り駆除するか、忌避剤を撒いてネズミを追い出すかの二通りの方法があります。
ネズミを殺す意味でのネズミ駆除を行う場合、殺鼠剤を設置するか、捕獲用罠を設置して捕獲するかの二通りの方法があります。この時、殺鼠剤を用いる場合は屋根裏などではなく、家の外の侵入経路と思しき場所に設置するようにしましょう。なぜなら、家の中で死んでしまったネズミは、そのうち腐敗して悪臭の原因となるからです。捕獲用罠は家の中に設置しても問題ありませんが、定期的にネズミの存在を確認しましょう。もし、ネズミを捕まえていたら、そのまま処分できますが、確認を怠った場合、最悪ネズミの腐乱死体をみることになります。
忌避剤を用いてネズミを追い出したのであれば、今度はネズミが侵入しないように侵入経路と思しき場所に金網を取り付け、侵入できないようにしましょう。具体的には、壁の穴や閉じることの出来ない換気扇、通気口などがネズミの侵入経路としてあげられます。また、付近にネズミのフンがあれば、付近にネズミの侵入口が見つかるかもしれません。
また、より安全に迅速に駆除を行いたいと思うのなら、専門業者に依頼するといいでしょう。見積もりや相談を受け付けているので、悩みも解決します。

ゴキブリの生態

困る婦人

ゴキブリ駆除をする上で、ゴキブリの生態を学んでおくことは重要です。どんな場所に潜みやすく、どんな場所を好むのかを知っておけば毒餌の設置も効果的に行え、駆除しやすくなります。

もっと読む