ネズミ駆除と予防|侵入経路のチェックと罠の設置

困るウーマン

蜂の生態

ハチ

蜂は、基本的に危険な生き物とみられることが多いです。それは確かに間違っていません。メスの蜂には針があり、興奮させると刺されてしまい、場合によってはアナフィラキシーショックで命を落とすこともあります。しかし、すべての蜂が危険というわけではありません。例えば、ミツバチはおとなしく臆病な性格をしており、一度刺すと蜂も命を落とすことから滅多なことで刺してくることはありません。そのため、こちらから何もしなければ特に何もしてきません。また黒く大きなクマバチも同様におとなしい性格です。こちらに至っては集団で生活しないので家に巣を作ることはあっても、木の開いた穴に住み込むだけなので全く問題はありません。よって、これらの種類は近くに巣を作っても退治する必要性は皆無といえます。
退治が必要な蜂として、スズメバチが挙げられます。こちらはミツバチと違って攻撃的な種族のほうが多く、ミツバチと違って何度も刺すことが可能なので容赦なく襲ってきます。本来、スズメバチは森のなかに巣を作るのですが、森林が減ってきたので近年は民家に巣を作る事が多くなったので、襲われる可能性は高くなりつつあります。そのため、スズメバチが近隣に巣を作り、襲い掛かってくるのであれば退治する必要があります。退治をする上で重要なのは駆除業者に頼むということです。スズメバチの中でもオオスズメバチは集団で襲い掛かってくるので半端に殺虫剤を噴霧したら大量に逆襲してきます。