ネズミ駆除と予防|侵入経路のチェックと罠の設置

困るウーマン

ゴキブリの生態

困る婦人

ゴキブリは、大昔から害虫として知られていました。今でも害虫の中でももっともポピュラーな虫として知られているため、ゴキブリ駆除のための道具は多く販売されています。しかし、ゴキブリ駆除のための道具を用意するのも重要ですが、なぜゴキブリが家に侵入し、住み着くのかも考える必要があります。なぜなら、ゴキブリがいる家でゴキブリ駆除を終えたとしても、家や部屋がそのままの状態ならまたゴキブリが家に住み着く可能性は高いからです。よって、ゴキブリ駆除をすることも大切ですが、同時にゴキブリが住み着かないような場所にすることも行っていきましょう。
ゴキブリは、本来は森に生息している昆虫であり、実際に殆どの種は森のなかで生息しています。そのためか、ゴキブリは本来の木陰や葉っぱの下にひっそりと隠れて生活しています。そのため、家に潜むゴキブリも物陰に隠れて生活していることが多いです。つまり、家の中をきれいに掃除し、隠れる場所を減らすことでゴキブリが住みにくい環境を作ることができるというわけです。また、ゴキブリは髪の毛や皮脂、カビや和紙も何でも食べて生活できるので、掃除をすることによってこういったゴミを処分できるため、ますますゴキブリが住みにくい環境にすることが出来ます。つまり、ゴキブリが住みにくい場所にするためには家を常にきれいにするということが重要なのです。それでも、冷蔵庫の下などに住み着くことはあるので、毒餌などを冷蔵庫付近などに置けば、部屋にいるゴキブリ駆除を行うことが出来ます。